HOME > guide

葬儀

--生死を共に超える--

葬儀とは、不思議なご縁に結ばれた人とのお別れの儀式であり、「ご苦労さまでした」と心から頭を下げ、その方の死をご縁として、「生まれた意義」と「いのちの尊さ」に目覚めよという如来のみ教えに私たちが出遭うことであります。それこそが亡き人の無言の願いではないでしょうか。

 『生のみが我等にあらず、死もまた我等なり』

と示されるように、生死を共に超える浄土の道を教えていただくご縁となる---それが浄土真宗の「葬儀」であります。

法名、院号について

皆等しくお浄土に。

法名というのは、"仏法に帰依した人の名前で、本山や別院で行われる帰敬式(ききょうしき)「おかみそり」をご門主から受け授けていただきます。

つまり、「仏教徒としての自覚をもって生きる」証の名前ですから、生きている間に授かるべき性質のもので、敬西寺のこ門徒にも既に法名をいただいている方もおられます。
ご門徒が亡くなると、ご遺族の方の要望で「院号」を法名の上につけることがありますが、「院号」については誤解されている方が随分多いようです。

たとえば、「故人の社会的地位に見合うように」とか、「字数が多いほど立派で、"あの世'での仏としての位が高い」といった感覚で院号を希望したり、お金で買うかのように「安い費用で院号が欲しい」と言われる方もあります。

浄土真宗のみ教えは、社会的地位や修行の度合いによって死後の「位」が定まるのではなく、皆等しくお浄土に生まれ仏にならせていただく教えです。

それでは、院号とは何かといいますと、仏法を弘め、宗門、寺の護持に尽くした人を讃えるという意味で贈られるものです。具体的には、護持発展に役立てる意味の「永代経懇志」のお扱いの一つとして交付されます。

多くはご遺族が故人を追慕する形で納められ、お金で"買う”ものではありません。遺族の方々もみ教えを慶び、念仏の相続発展を願う気持ちをもって下さることが大切なのです。

清めの塩

浄土真宗では清め塩は使いません

なごりおしく思えども、娑婆の縁つきて、力なくして終わるときに、彼の土へまいるべきなり。 『歎異抄』

亡くなった方は、ただちに、お浄土に生まれ仏となられて、迷っている私たちに、「人間として充分生きてほしい」と、願いをかけられています。

清めの塩を使う風習は、「死(者)が穢(けが)れている」という俗信から生まれた風習であり、葬儀本来の意味を見失うものであります。

お墓について

命を見つめさせていただく場


お墓は亡き方のお骨を敬いおさめ、亡き方を縁(えん)にして私達が仏法を聴聞(ちょうもん)させていただき、かけがいのない命を見つめさせていただく場なのです。

お墓を立てる時期や向きにとらわれることはありません。

お墓を建てる際には、ざっくばらんに住職に相談されるのがよろしいです。